小川芋銭の碑と牛久沼 牛久市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート




イバラキノート インデックス





スポンサーサイト






小川芋銭の碑と牛久沼 牛久市

場所 牛久市城中町

見所 河童の碑・雲魚亭・牛久沼
など

駐車場有

牛久沼のほとりにある、
小川芋銭画伯ゆかりの河童の碑・雲魚亭にきて見ました。


改善一歩

青年会が道標を作ろうとしていた所、
小川芋銭画伯が永久に耐えられる石柱にしなさいと寄付をし、
ご好意に画伯の名を刻もうとした所、
「改善一歩」と刻みなさいと言われたそうです。
改善一歩とは、「自分の進む道を良い方へ改めて進みなさい」という意味です。


中河与一歌碑

小川芋銭と親交のあった小説家 中河与一 歌碑 
「朝夕に 芋銭したしみ ながめたる 沼の向こふの 富士美しき」


カッパの松

悪さをする河童をくくりつけた松。



雲魚亭

画伯の夫人・長男によって建てられたアトリエ兼住居。
完成して間もなく、病に倒れられほとんど病室として
使われたという。現在は、小川芋銭記念館として公開されています。


河童の碑

誰識古人画龍心(だれかしるこじんがりゅうしん)

要約するとこういうことのようです。
昔は龍を描いて宇宙を表現した、私は河童を描き宇宙・太陽系の偉大さ、その不思議さ、大自然の大切さを表現しているが、それを理解してくれる人はいるでしょうか。
(詳しくは、観光協会等のHPをご覧ください。)

誰識古人画龍心とは、
「何故河童を描くのか」という問いに画伯が答えた言葉だそうです。


河童の碑近くのスダジイ


牛久沼水辺公園


白鳥と餌をあげる人


牛久沼

小川芋銭画伯には、興味がわきました。
また是非訪れたいと思います。


再訪

今回は雲魚亭を訪れた後、
画伯の墓のある得月院を訪ねてみました。


得月院

曹洞宗のお寺で、閻魔堂・樹下石人談のモデルになったという、
榧(かや)の木があります。


牛久市 観光アヤメ園

丁度、花菖蒲が綺麗に咲いていた。
河童の像があり牛久沼もみられます。


河童像


河童と犬の像


花菖蒲

牛久沼に葦や蒲などが茂り、花菖蒲の咲き乱れる中で、
河童の像をみていて、何となく、河童を通して、
少し自然への憧憬と畏怖を感じられたような気がしました。




より大きな地図で 小川芋銭記念館雲魚亭 を表示

Copyright © 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート All Rights Reserved.