万葉の道案内板 高萩市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

万葉の道案内板

 

万葉の道案内板

 

いばらき森林浴の道 No8 万葉の道

 

高萩の海岸は、白砂青松のきれいな海岸線を形成し、砂浜にはマリンスポーツを楽しむ人々が多く見られます。
この遊歩道は、風光明媚な海岸を手軽に散策が出来るように海食崖(かいしょくがい)の松林の中を延長約340mの遊歩道を昭和55年に整備しました。
名称の由来は、高萩地方の海岸を詠んだ和歌が万葉集の巻九に採録されていることによります。

 

手網浜歌一首
   遠妻し 高にありせば知らずとも
           手網の浜の尋ね来なまし
(歌の意味)
遠くに離れている妻が多珂にいるのだったら、そこは知らなくても手網の浜の名のように尋ねただろうに。

 

作者は、高橋虫麻呂と考えられています。

 

高萩市

案内板より

 

 

万葉の道とささきの浜  高萩市 へ戻る