雨引山楽法寺 本堂 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

雨引山楽法寺 本堂

 

雨引山楽法寺 本堂(県指定文化財)

 

観音堂 宝永七年(江戸時代)

 

雨引観音

 

雨引観音は、雨引山楽法寺と申し、用明天皇のころ(6世紀末)梁の国人の法輪独守居士によって開かれた、厄除・延命・安産・子育ての霊験あらたかな、延命観世音菩薩(国指定重要文化財)を本尊とする坂東観世音霊場第24番札所の名刹です。

 

第33代推古天皇の病気平癒祈願・第45代聖武天皇、光明皇后の安産祈願・嵯峨天皇の降雨祈願によって勅願寺・安産祈願の根本霊場と成り、現在の后妃陛下には安産守を御捧呈申し上げました。

 

又、鎌倉幕府の宗尊親王・足利尊氏公、更に、徳川家康公・徳川吉宗公は篤く当山観音を信仰し、多くの寺領・堂塔を寄進された。

案内板より

 

 

雨引山楽法寺 桜川市 へ戻る