吉田八幡神社と三浦杉 常陸大宮市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

三浦杉公園 三浦杉の由来

 

三浦杉公園 三浦杉の由来

 

 

三浦杉の由来

 

 吉田八幡神社の鳥居をくぐり、長い石段が続く境内には、二本の大きな杉の木がそびえたっています。これが県指定天然記念物(茨城百選)の三浦杉です。
 樹齢850年以上、幹周囲10m、樹高58m、枝下28mというこの杉は、久寿2年(1155年)相模国・三浦大介義明が、下野国・那須野ヶ原に金毛九尾の悪狐退治に行く途中、この神社に参拝し「我冥護により能く悪狐を猟ば此の杉天にそびゆべし」と祈願して植えた杉と伝えられています。
 はじめは鎌倉杉と呼ばれたこの杉も、その話を聞いた徳川光圀公により「三浦杉」と命名されたそうです。

 

看板より

 

 

吉田八幡神社と三浦杉へ戻る