保和苑 水戸市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

保和苑

 

保和苑

 

徳川光圀公(水戸黄門)が名前をつけました。

 

保和苑は、水戸藩第2代藩主徳川光圀公が大悲山保和院桂岸寺の庭を愛されて、その庭を保和園と名付けられたのが始まりといわれています。
昭和初期地元有志により拡張整備され、池に築山を配した純日本庭園になり名前も「保和苑」となりました。毎年、あじさいまつりが開催され特に有名です。
保和苑の周辺は歴史的な所が多く水戸のロマンチックゾーンといわれています。

 

保和苑と水戸烈士の墓 水戸市 へ戻る