旧岡倉天心邸 北茨城市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

旧岡倉天心邸

旧岡倉天心邸

 

岡倉天心先生は明治期に東京美術学校(東京藝術大学)設立に貢献し、日本美術院の創設者です。
五浦にアトリエを作られ上野にあった日本美術院も後に五浦に移されました。

茨城大学五浦美術研究所ご案内

 

当研究所は、近代日本を代表する思想化岡倉天心(1863〜1913)の住居跡に設置されました。天心は明治政府の美術文化行政の確立のため目覚しい功績をあげ、26歳の若さで帝国博物館(現東京国立博物館)理事・美術部長、翌年には東京美術学校(現東京芸術大学)の校長となりました。

 

1898年に博物館、美術学校を辞職し、橋本雅邦、横山大観らと日本美術院を創立。以後、天心はインドで後のノーベル賞詩人タゴールと親交を結び、ロンドン、ニューヨークで英文著書「東洋の理想」「茶の本」を出版、ボストン美術館中国日本部長となるなど、国際的に活躍の場を広げました。1906年には日本美術院をこの五浦の地に移し、愛弟子横山大観、下村観山、菱田春草、木村武山を呼び寄せました。

 

現五浦美術文化研究所の地所と建物は、1942年に天心の遺族米山高麗子氏より岡倉天心偉跡顕彰会に寄贈され、1955年茨城大学に移管されました。現在の研究所敷地内には、長屋門、旧天心邸(1904)、六角堂(1905)、天心偉跡顕彰記念碑(1942)、ウォーナー像(1970)、天心記念館(1963)があります。茨城大学では遺跡の保存に努力すると共に、岡倉天心と近代美術研究のために活用しています。

案内板より

 

天心邸

 

明治37年(1904)2月、自らの設計を平潟の棟梁小倉源蔵に託し、天心はボストン美術館の仕事のためアメリカへと旅立った。

 

天心が五浦の地を手にいれた際には、
鮑料理の割烹観浦楼の建物がまだ残っていた。仮の住居に使っていたその建物の濃く材を使ったらしく、新居は豪華ではないが、風雅な趣となった。

 

当初は62坪だったが、明治40年にさらに改築して拡張した。天心没後、西側にあった12畳の書斎や東側の浴室など一部が撤去されている。

案内板より

 

 

五浦海岸と六角堂 北茨城市 へ戻る