六角堂(正面の海) 北茨城市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

六角堂(正面の海)

六角堂(正面の海)

 

岡倉天心先生は明治期に東京美術学校(東京藝術大学)設立に貢献し、日本美術院の創設者です。
五浦にアトリエを作られ上野にあった日本美術院も後に五浦に移されました。
六角堂は岡倉天心先生が自ら設計し、瞑想をして思索されたそうです。

六角堂

 

明治38年6月、天心の設計により建築されたもので、天心は好んでここにこもり、断崖の袖を洗う太平洋の波音を聞きながら、思索にふけり、あるいは和漢の書をひもといた。インドの詩人タゴール(ノーベル文学賞受賞者)は、大正5年日本を訪れたときに、ここに立ち寄り亡友を偲んだ。

案内板より

 

 

五浦海岸と六角堂 北茨城市 へ戻る