岡倉天心の墓地 北茨城市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

岡倉天心の墓地

 

岡倉天心の墓地

 

黄門の井戸の隣にあります。

 

岡倉天心の墓地

 

この墓は日本美術院の主催者岡倉天心の遺骨が、
天心の辞世とされている和文の「我逝かば花な手向けそ浜千鳥 呼びかう声を印にて 落ち葉に深く埋めてよ 12万年明月の夜 弔い来ん人を松の影」および
An Injunction(戒告)と題した英詩にもりこまれた遺志に沿い、
天心没年の大正2年(1913)東京都の染井霊園の墓から、近代日本美術?明の地五浦に分骨、埋葬されたものであり、歴史的・文化的に高い史跡である。

 

平成元年7月24日 市指定
北茨城市教育委員会

案内板より