黄門の井戸 北茨城市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

黄門の井戸

 

黄門の井戸

 

 

黄門の井戸
元禄年間、徳川光圀公が領内巡視のおりこの地訪れた際、喉の渇きをおぼえ、井戸はないかと供のものが捜しまわり、畦の脇に古井戸を発見した。ただし、水は底深く飲むことが出来ず、光圀公が井戸をのぞき見たときに杖が井戸の渕にあたり、水がコンコンと涌き出て難なく飲むことが出来た。その後、この井戸は「黄門の井戸」と呼ばれ、涼味溢れる水を永く土地の民に与えたといわれている。

 

北茨城市

案内板より

 

 

五浦海岸と六角堂 北茨城市 へ戻る