平潟港 芭蕉句碑 北茨城市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

芭蕉句碑

芭蕉句碑

 

八幡神社に行く途中の階段左側に芭蕉の句碑がありました。

 

この辺り目に見ゆるものはみな涼し
松尾芭蕉

 

平安期の頃関本里根川沿岸の長良千軒と言う一部落が洪水の為流され其の難民の一部が今の長浜(当時長良浜)に住み後天正の頃この地を開拓平方(後に平潟と改称)と命名一団体が独立した平潟港は仙台江戸間の唯一の自然港である
寛永年間仙台藩がここを築港し海路運送を始めた寛文十年伊勢国の大冨商人河村瑞賢が幕命により仙台荒浜より江戸間の航路を開拓平潟港に番所を設け陸奥の国よりの食糧を敏活にかつ正確に江戸に運び忽然として現れた世界一の大都市百万人の江戸の人々を餓死より救う事ができた
河村瑞賢の墓は鎌倉市建長寺にある
寛文九年鎮守八幡神社を現在地に遷座す
元禄二年俳句師逢国上人芭蕉碑を建う

 

  この辺り目に
     見ゆるものはみな涼し

 

嘉永六年、藤田東湖此の地に遊ぶ
山静海平の一書を残す

 

ひらかた小唄
ハァ恋翔妻受けてここは平潟道のく境
波を片瀬に入船出船港平潟よい所
サテもよい所

 

遊女屋
遊女や声掛けられその気になって平潟乃八幡村の仰也には必ず妻や子の有る人にや末の約束しちゃならぬ必ず泣き別れ

案内板より

 

 

平潟港 北茨城市 へ戻る