息栖神社 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

息栖神社

 

息栖神社

 

ご祭神

 

岐神(ふなどのかみ、くなどのかみ)

 

天鳥船神(あめのとりふねのかみ)・住吉三神(上筒男神・中筒男神・底筒男神)

 

看板より

息栖神社

 

息栖神社は、古くは日川に鎮座していた祠を、大同2年、右大臣藤原内麿の命に依り現在地の息栖に遷座したと伝承されている。
史書「三代実録」にある「仁和元年3月10日乙丑修、授常陸国 正六位上 於岐都説神従五位下」の於岐都説神とは息栖神社の事とされている。(古今類聚常陸国誌・新編常陸国誌)
古来より鹿島・香取との関係は深く、鎌倉時代の鹿島神宮の社僧の記した「鹿島宮社例伝記」、室町時代の「鹿島宮年中行事」には祭例等で鹿島神宮と密接な関係にあった事が記されている。
祭神は、現在岐神・天鳥船神・住吉三神(上筒男神・中筒男神・底筒男神)とされ、海上守護・交通守護の守り神と奉られている。
江戸時代には主神を気吹戸主神と記しているものもあり(木曽名所図会、新編常陸国誌)、さらには現在境内にある芭蕉の句碑「此里は気吹戸主の風寒し」は、その関連を物語っていると思われる。
社殿は享保8年に建替えられたが、それが昭和35年10月焼失し、昭和38年5月に新たに完成した。末社、高房神社・伊邪那岐神社・鹿島神社・香取神社・奥宮・江神社・手子后神社・八龍神社・稲荷神社・若宮。
*祭日*
1月1日 元旦祭、1月7日 白馬祭、2月(立春) 節分祭、3月6日 祈念祭、4月13日 例祭、6月30日大祓、8月27日 風祭、11月13日 秋祭、12月3日 献穀祭、12月31日 大祓/昭和59年3月 神栖町教育委員会

 

息栖神社と常陸利根川 神栖市へ戻る