偕楽園と千波湖 水戸市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート




イバラキノート インデックス





スポンサーサイト






偕楽園と千波湖 水戸市

水戸市常磐町1-3-3

偕楽園 見所
好文亭 吐玉泉 左近の桜
梅(6品種)江南所無・白難波・月影・虎の尾・柳川枝垂・烈公梅
偕楽園全てが (国指定文化財)

駐車場有(有料)
常盤神社横駐車場(偕楽園に一番近い)
千波湖西側駐車場(千波湖横、偕楽園にも陸橋を超えてすぐ)
など他多数あり

梅が特に有名その他 桜・ツツジ・萩も知られています。
梅まつり・桜まつつり・ツツジまつり・萩まつりも催される。

岡山市の後楽園や金沢市の兼六園と並び日本三公園のひとつです。
偕楽園は前の職場が近く昼休みの散歩コースだったのですが、
梅の季節でもないのですが改めてカメラをもって散策してきました。

偕楽園 正面の建物が好文亭
偕楽園 正面の建物が好文亭

梅も桜も咲いていないかったのですが、萩が満開でした。
見晴広場を歩いて千波湖方面を見ると
花の季節ではないですが、とても見晴らし爽快でした。

偕楽園より千波湖を望む
偕楽園より千波湖を望む

千波湖を眺めていた隣には、
なんと碁盤がすぐ隣にあった「仙奕台」というらしい。

仙奕台
仙奕台

この美しい眺めを味わいながら、碁を楽しんだのですね。
なんとも粋だなと感心してしまいました。

斜面沿いにある道を下ってどんどん奥に歩いていくと
静かな森の中に石から湧き出ている吐玉泉があります。
その水はお茶の湯にも使われていたらしい。
すぐ隣には太郎杉という巨木がそびえています。

吐玉泉
吐玉泉



太郎杉

来た道を引き返し好文亭の方にもどってくると
だいぶ日も傾いてきていた。
左近の桜のシルエットが綺麗だったので
花は咲いていない左近の桜にカメラを向けてみた。

左近の桜
左近の桜

この偕楽園を作られた烈公(徳川 斉昭公)の夫人 登美の宮が降嫁の時、
仁孝天皇から下賜された桜は枯れてしまい。
いまの桜は、宮内庁より頒布されたものだそうです。
今の桜は枯れずにずっと皆の目を楽しませてほしいです。

見事な桜なので花の季節にまた訪れたいと思います。

左近桜 花
左近桜(開花時)


偕楽園の隣に常盤神社があります。
水戸黄門 (徳川光圀公 義公)
徳川斉昭公 (烈公)が祀られています。
義烈館には、追鳥狩に使われたという陣太鼓や大極方砲などが展示されています。

常盤神社
常盤神社

偕楽園を後にして千波湖に向かいます。
ここは湖の周りに遊歩道がありよく行きました。
野鳥も多く白鳥・黒鳥・鴨などに餌をあげている光景を良く見ますが、
鳥達も分かっているのか多くの鳥がやってきます。

千波湖
千波湖
千波湖
千波湖

千波湖のほとりに水戸黄門(徳川光圀公)の銅像があります。

水戸黄門の銅像
水戸黄門の銅像

やはり黄門様は、人気があるので記念撮影をしている人がよくいます。

千波湖から徳川博物館の方面に向かい、
桜川に架かる橋の上からの風景が綺麗だったので撮影してみました。

桜川の橋上より
桜川の橋上より

鴨

付近で上のような鳥や花などの写真を撮り終えて

D51
D51

D51が置かれている駐車場に戻り。
また、花の季節に訪れてみようと思って千波湖を後にしました。

水戸市常磐町1-3-3



大きな地図で見る

Copyright © 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート All Rights Reserved.