長塚節の生家 銅像 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

長塚節の生家 銅像

 

長塚節の生家 銅像

 

長塚節

 

長塚節は、明治12年4月3日茨城県岡田郡国生村(結城郡石下町国生)に父源次郎、母たかの長男として生まれた。国生は鬼怒川の西岸台地にあり、その頃は檪木林に囲まれた不便な村落であった。当時長塚家は、多くの土地を所有していた豪農で質屋なども営業していた。
父源次郎は自由民権運動にも参加し、県会議員に数回当選し議長もつとめた政治家であった。
節は村の尋常小学校から下妻の高等小学校を経て、明治26年水戸の茨城県尋常中学校(現水戸一高)に首席で入学したが、健康がすぐれず4年に進級して退学した。節は、文学好きで3歳にしてすでに百人一首を暗唱したといわれ、療養中にも文章会を作り文章や歌を発表した。
明治31年頃には、正岡子規の歌論の清新な論調に感銘思慕し、同33年に子規を訪ね教えをうけることになった。明治36年には、伊藤左千夫らと「馬酔木」を創刊するなどして節の大活躍の時代となる。さらに健康快復のため西行や芭蕉の旅にあこがれ全国行脚が始まる。そして、写生文をまとめ「月見の夕」に次いで「土浦の川口」「利根川の一夜」など十編を発表した。
明治41年「アララギ」を創刊し、歌から小説へと意欲を燃やしたこの間長年にわたる父源次郎の政治活動で失った財産の回復を計るため炭焼き、竹林の研究も行なわれたが、かんばしくなかった。
小説では、「芋掘り」に続いて「開業医」「菜の花」「おふさ」「教師」「太十と其の犬」などを書きあげ「土」への準備がなされた。
明治43年6月13日から11月17日まで151回にわたり朝日新聞に連載小説として「土」が発表された。節は、これを病気とたたかい経済復興ととりくみながら精魂をこめ書き続けた。後に単行本「土」が出版され、その序文に夏目漱石は、「先づ何よりも先に、是は到底余に書けるものではないと思った。次に今の文壇で長塚君を除いたら誰が書けるだろうと物色してみた。すると矢張誰にも書けさうにないという結論に達した。」と書いている。こうして「土」は日本近代文学史上に一大傑作と高く評されている。
明治44年には、結城郡山川村山王(結城市山王)の黒田てる子との婚約が成立したが、病気のため自ら婚約を解消し療養を続けた。翌年九州大学で診療をうけるため長旅につく。家族のこと。病気、婚約解消と苦しみ、悩み多い生活の中で生み出したのが不朽の名作「?の如く」である。「土」に続いて死刑囚をモデルにした大作を構想したというが大正4年2月8日九州大学の病院で37歳の若い一生を終えた。
昭和57年3月

 

常総市教育委員会

看板より

 

 

長塚節の生家へ戻る