三竹山 一言主神社 社殿 常総市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

一言主神社 社殿

一言主神社 社殿

 

美しい社殿で一間社流造(いっけんしゃながれづくり)で、屋根は桧皮葺(ひわだぶき)風銅板葺というそうです。

 

ご祭神 一言主大神(事代主命)

 

一言主大神は大国主命の長子で、言行一致の神・一言の願いでもおろそかにせず願いをかなえる神として信仰されています。
秋季例大祭の「葛城流からくり綱火」は花火のついた人形を操作し、芝居を演じる民俗芸能ということです。聞いただけで興味がわきます。

一言主神社

 

一言主神社の社伝によると、大同4年(809年)現在の社殿の西方に雷光を放つ筍が生え、数夜にして三岐の竹に成長した。不思議さに村人が行者に祈祷させたところ、一言主神の託宣があり、この地に社殿を造営し、大和国(奈良県)葛城の一言主神を迎え鎮斎したのが創祀と伝えられている。一言主神社が「三竹山」と称される所以である。
一言主神は、出雲の大国主神の長子で別名事代主神とされ、言行一致の神、一言の願いでもおろそかにせず願いをかなえる神として篤い信仰を受け、県外からも多くの崇敬者が参拝に訪れる。
本殿は、社伝によると、長禄3年(1459年)に下総の国守谷城主相馬弾正胤広侯(平将門の後裔)の寄進によって再建されたとされている。現存する社殿は、元禄13年(1700年)正月遷営のときに大修理が行なわれた。一間社流造(いっけんしゃながれづくり)で、屋根は桧皮葺(ひわだぶき)風銅板葺。身舎外壁の左右に「鳳凰と牡丹」、後側に「鶴と牡丹」の彫物が釘止めされ、脇障子には「三岐の竹」の彫物がはめられている。本殿は、昭和59年(1984年)市指定文化財に指定された。
9月13日の一言主神社秋季例大祭の奉納行事である「葛城流からくり綱火」(指定名「大塚戸の綱火」)は、あやつり人形と仕掛花火とを結合させたもので、空中に張りめぐらした綱により花火のついた人形(木偶“でく”)を操作し、芝居を演じる民俗芸能である。万治2年(1659年)大塚戸村向山に三峰神社が開基されるにあたり、村民が花火を奉納したのが始まりとされている。江戸時代より一言主神社の奉納行事として永く伝承されてきたが、終戦直後の昭和44年(1969年)に大塚戸芸能保存会によって復活上映されるようになった。

 

昭和55年(1980年)に市指定、
平成11年(1999年)には県指定無形民族文化財となった。

 

常総市観光協会
常総市教育委員会

看板より

 

 

三竹の由来

 

今より1150余年前今の社殿のある辺に奇しき光現れて、雪の中に忽然と筍が生じ三岐の竹となりました。
冬の時期余りに不思議に怪しいので村人が俄にお祓いをし、湯立の行事をして卜いますと『吾は大和國葛城山に居る一言主大神なり今東國の万民の災禍を救わんが為に来たれるなり即ち此の三岐の竹を以て永く契ぎとせよ』云々と託宣せられました。
依って村人これに驚き、此処人跡を禁し社殿を造りお祀りしたのです。其の後も時折三岐の竹が生いるので、三竹山と呼ぶようになったのであります。

 

社務所

看板より

 

 

三竹山 一言主神社へ戻る