舟塚山古墳から筑波山を望む 石岡市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

舟塚山古墳から筑波山を望む

 

舟塚山古墳から筑波山を望む

 

古墳からの筑波山が美しくみられます。

 

国指定史跡
舟塚山古墳

 

所在地 石岡市大字北根本597番地外
指定年月日 大正10年3月3日

 

舟塚山古墳は、南に霞ヶ浦の高浜入江を望み、西には筑波の霊峰を仰ぐ景勝の後にある前方後円墳である。
霞ヶ浦の両岸には多くの古墳群があり、その中央部の恋瀬川河口付近に舟塚山古墳が存在する。この古墳は、東国第二位、県内で最大の規模を誇り、現在の新治・行方・稲敷三郡を含めた地域の大豪族の墳墓とみられている。
舟塚山古墳の墳丘は、およそ全長186m・前方部幅100m・後円部径90m・前方部高10m・後円部11mの規模をもつ。墳丘は三段に築造され、後円部径にくらべ前方部が長く、仁徳天皇陵(大阪府)やウワナベ古墳(奈良県)などに共通する特徴をもっている。周囲の堀は、台地の南側が領斜面に続くので、北側と同様の規模でめぐらすことはできなかったようである。
舟塚山古墳の墳丘の発掘調査はされていないが、地元には、多数の刀が出土したという伝えがある。
昭和47年の舟塚山古墳周溝確認発掘調査で円筒埴輪が出土しているが、形象埴輪は確認されていない。また、同調査で舟塚山古墳の陪冢と考えられる円墳から木棺が発見され、短甲・直刀・盾などの副葬品が出土した。舟塚山古墳は、これらの出土品及び墳形から、およそ五世紀後半の築造と推定されている。

案内板より

 

 

高浜入江から見た筑波山へ戻る