峰寺山西光院 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

峰寺山西光院

 

峰寺山西光院

 

開山は徳一法師

本尊は自然石の馬頭観音

 

峰寺山西光院(県指定建造物)

 

峰寺として広く知られる西光院は、平安時代初期・大同2年(807)有名な徳一大師の開山と伝えられ、はじめは法相宗であったが鎌倉時代に一時真言宗となり、のち天台宗に改宗した。
本堂は本県では類例のない懸造り(かけづくり)で県の文化財(建造物)に指定されており、回廊からの眺めはすばらしく関東の清水寺の名に恥じない。この寺の約6mもある立木観音菩薩像は、桧材寄木造の巨像である。なお、境内西方にある球状花崗岩(俗称小判石)は県指定天然記念物である。

 

八郷町

案内板より

 

 

峰寺山西光院 石岡市 へ戻る