虎塚古墳史跡公園碑 ひたちなか市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

虎塚古墳史跡公園碑

 

虎塚古墳史跡公園碑

 

史跡虎塚古墳

 

ひたちなか市中根指渋さしぶに位置する本古墳は、前方部を西に面した前方後円墳である。後円部直径31.5m、高さ5.5m、前方部幅38.5m、高さ5mを測り、前方部の発達した後期形式の古墳である。昭和48年の調査により、後円部南側に長さ4m余の横穴式石室が発見された。奥室から一体の遺骸と黒漆塗大刀・刀子とうす(小がたな)・鉄鏃てつぞく(鉄で作られた矢じり)などが出土し、七世紀中ごろに勢力のあった藤田付近の豪族の埋葬例があきらかになった。
石室内には東日本でも珍しい彩色壁画が発見された。奥壁と側壁は白色粘土で下塗りした上に、酸化鉄で三角文・環状文・円文・渦文などの幾何学文と、武器・武具・馬具・装身具などの絵画を描いていた。天井石・床石も赤く彩色してあった。除魔の願いをこめて赤い顔料で描いた図文は、豪族の身を悪霊から護るために必要なものと信じられていた。
茨城・福島・宮城県下で発見された彩色壁画の中でも多様さと特異性において他に類例のない貴重なものである。
また、本古墳は石室内発掘調査に先立って石室内の科学調査(温・湿度、空気組成、微生物等)をわが国で最初に実施した古墳であり、観覧室建設にあたっては、これらの重要な記録をもとに設計・施工がなされている。
昭和49年1月、国の史跡指定を受ける。

 

昭和55年10月
茨城県ひたちなか市教育委員会

案内板より

 

 

虎塚古墳と十五郎穴横穴群 ひたちなか市 へ戻る