湊公園 レンガ焼成窯(復元模型) ひたちなか市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

レンガ焼成窯(復元模型)

 

レンガ焼成窯(復元模型)

 

レンガ焼成窯(復元模型)

 

反射炉建設には、高熱に耐えるレンガの製造が必要で、この窯は、ここの反射炉に使用した白色耐火レンガを焼成するために築かれた窯の復元模型です。
レンガを製造するには幾多の困難がありましたが、当時は水戸藩領であった栃木県馬頭町小砂の陶土や、水戸笠原の粘土、久慈郡のヒウチ石の原料を用い、名人といわれた瓦職人「福井仙吉」の製陶技術と、建設関係者の苦心の末製造することができました。
製造されたレンガは約4万枚といわれており、約1200度〜1600度の高熱にも耐えられ、現代の耐火レンガに近いものです。

 

ひたちなか市教育委員会

案内板より

 

 

湊公園 ひたちなか市 へ戻る