湊公園 那珂湊反射炉跡 ひたちなか市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

那珂湊反射炉跡

 

那珂湊反射炉跡

 

茨城県指定史跡
那珂湊反射炉跡

 

幕末、那珂湊沖にも異国船が出没するようになり、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公が、海防の要を唱えて領内各地に砲台を築くため、大砲鋳造を目的として当吾妻台に建設したのが反射炉(大型の金属溶解炉)である。
建設にあたっては、薩摩藩士竹下矩方、三春藩士熊田宗弘、南部藩士大島高任らの協力を得て、那珂湊の大工飛田与七や瓦職人福井仙吉が尽力した。
安政2年(1855年)に1号炉(西炉)、同4年に2号炉(東炉)が完成した。高さ約15m、使用された耐火煉瓦は約4万枚といわれている。
元治元年(1864年)の元治甲子の乱で破壊され、昭和12年に現在の模型が、ほぼ原形どおりに復元された。

 

指定日 平成16年11月25日
設置者 ひたちなか市教育委員会

案内板より

 

 

湊公園 ひたちなか市 へ戻る