観濤所 碑 ひたちなか市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

観濤所 碑

観濤所 碑

 

彫金家の海野美盛が彫った鍔(つば)を見た徳川斉昭公が、その構図が本当に海を見て彫ったものと知り、この地に訪れたという。
その雄大な景観に感動し、水戸八景番外景勝地として碑を建てられたという所です。

観濤所(かんとうじょ)

 

市文化財指定 昭和46年9月21日 名勝・工芸品
所在地 ひたちなか市磯崎町3602

 

江戸時代の天保4年(1833)頃、第9代水戸藩主徳川斉昭(烈公)がこの地を訪れ、聞きしにまさる雄大な景観に感動し、水戸藩内随一の波浪の見どころとして「観濤所」と命名し、水戸八景の番外景勝地として碑を建てさせたといわれています。
碑は、江戸時代から磯崎石として広く知られた海岸の自然石を用い、碑面には斉昭公自筆の隷書が刻まれています。

 

昭和10年に、この碑を風化から保護するために、
当時の平磯町で大谷石の碑覆堂(ひふくどう)を作りました。

 

当地を訪れた多くの文学者達もこの観濤所を高く評価し、
明治時代の文豪大町桂月(おおまちけいげつ)の紀行文「水戸の山水」や、
菊池幽芳(きくちゆうほう)の小説「乳姉妹」(ちちきょうだい)などの作品にも描写されています。

案内板より

 

 

中生代白亜紀層 ひたちなか市 へ戻る