泊崎大師堂 つくば市 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート




イバラキノート インデックス





スポンサーサイト






泊崎大師堂 つくば市

場所 つくば市泊崎

見所 泊崎大師堂(はっさきだいしどう) 牛久沼
弘法の七不思議(内三つが現存します)
七浦大明神など

駐車場有


牛久沼の岬の先端にある泊崎大師堂に向かってみました。

泊崎大師堂と間違えて、訪れたのが、七浦大明神でした。
あざやかな朱色の建物で入口ではなく湖に向かって建っています。


七浦大明神

特にいわれはありませんでしたが、
沼に面した建物の向きと言い
七浦大明神の文字の下に竜の彫物。

龍ヶ崎市の金竜寺の昔話に怠け者の修行僧が牛になり、
沼に入り、住職は助けようとしたが、
そのまま沈んでしまい戻る事は無く、
それ以来、牛喰う沼~牛久沼と呼ばれるようになったそうです。
詳しくは、龍ヶ崎観光協会の昔話のページをご覧ください。

上のことを考えると沼の主や精にたいして、
お祀りされている事が伺えます。


七浦大明神 前からの牛久沼

そこからすぐ上の泊崎大師堂に向かいます。

泊崎大師堂 駐車場

駐車場に車を停め、
道を挟んだ正面に泊崎大師堂はありました。


泊崎大師堂 入口

ここ泊崎大師堂は弘法大師が泊崎に来て、
千座護摩をおさめたところに建立されたということです。
縁結び・長寿にご利益があるといわれて信仰されているそうです。


弘法大師像・百景碑

弘法大師の伝説も多くあり、
「弘法の七不思議」といわれています。
・駒の足跡(こまのあしあと)石段脇
・木瓜(ボケ)現存せず。
・乗越(のっこし)現存せず。
・逆松(さかさまつ)石段脇
・独鈷藤(とっこふじ)現存せず。
・硯水(すずりみず)泊崎大師堂より約500m北
・五葉の杉(ごようのすぎ)現存せず。


泊崎大師堂


泊崎大師堂 境内横からの牛久沼

湖面を渡ってくる風が気持ちよく、
しばらくすごしました。





より大きな地図で 泊崎大師堂 を表示

Copyright © 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート All Rights Reserved.