延命寺 山門 茨城百景・茨城観光百選・茨城の湧水 イバラキノート

延命寺 山門

延命寺 山門

 

四脚門で茅葺切妻造り、室町時代の貴重な山門です。
火災をまぬがれて、たたずまいを今に伝えてくれています。

看板より

延命寺(島薬師)

 

延命寺は島広山の台上に石井営所(島広山)の鬼門除けとして建立された。天慶3年(940)藤原秀郷、平貞盛等に石井営所一帯を焼かれた時、薬師如来像を移し隠され、世の静まるのを待って現在の低湿地に祀られた、島の薬師として知られている。文安2年(1445)守谷城主相馬家が大檀那となって本堂、薬師堂、山門を建てたが、その後火災にあい山門だけが残った。薬師堂は有慶上人(ゆうぎょうしょうにん)によって再建されたが、これも焼け、現在は仮堂である。延命寺の本尊「大日如来坐像」は県の重要文化財に、山門、石製太鼓橋は市の重要文化財に指定されている。 昭和57年2月 岩井市 岩井市観光協会

 

 

延命寺 坂東市へ戻る